新築マンション購入までの軌跡3  ~物件検索、モデルルーム訪問、契約~

スポンサーリンク

前回の続きです。

新築マンション購入までの軌跡1 ~きっかけと選択~
こんばんわ。 新築マンションを購入し、入居してからそろそろ1年が経とうとしています。 思い起こせば、昨年マンションに入居してから...
新築マンション購入までの軌跡2 ~希望条件~
前回の続きです。 <前回までの内容のまとめ> ・ローン組めるなら頭金なしでも早めに買う(フルローン) ...

<前回までのまとめ>

・賃貸に住みながら頭金を貯めるより、今無理なく買える範囲で持ち家を購入

・一軒家よりマンション、中古より新築

・リスクヘッジとして最低限の資産価値性は考慮

・でもやっぱり自分が住みたいと思えるかどうかが一番!

さて、今回は、実際の物件選びとモデルルーム訪問、そして契約について。

私の場合、マンションの購入を検討し始めて、契約するまでの期間は3か月くらいでした。

他のブロガーさんの購入記をいろいろ拝見しておりますが、一件目のモデルルーム見学で購入を決めたという方もいらっしゃったりで、比較的検討期間は短い方が多いのかなぁと感じています。

(私がどちらかというと優柔不断なタイプなので、そう感じるだけかもしれませんが 汗)

スポンサーリンク

物件の検索/調査

今やインターネットが広く普及し、物件検索サイトなんかもたくさんあります。

でも私は、いわゆるHOMESとかSUUMO等の物件サイトはほぼ使用しませんでした。

代わりにフリーペーパーの「SUUMO新築マンション」を利用しました。

そう、毎週火曜日に発行されるアレです。

で、私が検討するエリアについては前回の記事で書いた通り、通勤時間1時間以内というがありましたが、それ以外には特に強いこだわりはなかったので、該当するエリアのSUUMOをまず入手して、一通り眺めました。

(首都圏、横浜/川崎/湘南、東京市部/神奈川北西の3つ)

うれしいやら悲しいやら、結果的に、予想していたよりも、あっさりとエリアは絞られました。

というのも、予算の関係で、一番物件の多い東京23区の駅近3LDKは無理だというのが一目瞭然だったのです。

ということで、横浜、川崎、その周辺で、前回記事に記載した条件に合う物件を探したのでした。

そしてモデルルーム見学

今回のマンション購入を検討するまで、新築マンションのモデルルームを訪問したことは実は一度もありませんでした。

モデルルーム訪問経験のある方はわかると思いますが、初めての時は一気に雰囲気に飲まれました。

マンションギャラリーのオシャレな内装、オプションと素敵な家具で装飾されたモデルルーム・・・そして綺麗なお姉さん(笑)

結局、購入するまでに足を運んだモデルルームはたったの3件でした。

そして、結局購入したのは1件目に見学した物件。

実は訪問前にはもうほぼ物件を絞り込んでいて、モデルルームでは物件サイトやSUUMOで得られない情報の確認程度という感じでした。

なぜなら、予算内で完全に希望にほぼマッチする物件が1件しかなかったのです。Σ(゚д゚lll)ガーン

で、実際にモデルルームを見学して致命的な問題がないことを確認して、ほぼ自分の中では物件決定。

念のため、残りの2つの候補物件も見て、最終的に決定。

その後は、重要事項説明を聞いて、手付金を振り込み、無事契約完了。

ここまで、最初のモデルルーム見学から1カ月くらいです。

ちなみにマンションを購入することについては、誰にも相談したりしませんでした。

独身ですので、最も身近な存在となると親兄弟になるわけですが、このときは結局話をせず。

・・・今回は以上です。

上記の通り、物件選びで迷うことはほとんどなかったのですが、やはり非常に大きな買い物なので、果たして今本当に買うべきなのか?という点ではなかなか踏ん切りが付かなかったのが正直なところでした。

さらっと「契約」と書きましたが、実際のところは一週間くらいは迷いました(笑)

次回は契約から入居までについて書きたいと思います。

入居までの準備、ローンを借りる銀行の選択、どのタイミングで周りの人にマンションを購入したことをカミングアウトしたのか、などです。

乞うご期待Σ(´∀`;)

新築マンション購入までの軌跡5 ~そして入居~
前回の続き 内覧会を終えて、いよいよ入居が迫ってきました。 実はここからが地獄で...

↓皆さんのマンション購入記が見れます↓
にほんブログ村テーマ マンション購入へ
マンション購入

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする