マンションを購入するためにしたこと ~格安SIMで節約~

スポンサーリンク

こんばんわ(*´∀`)

出張から帰ってきてホッと一息。

やっぱり自分の家が一番落ち着きますね(^ω^)

今日はみんなが気になる、お金の話です。

スポンサーリンク

住宅ローンを組むということ

住宅を購入する際、住宅ローンを組む方がほとんどだと思います。

賃貸の場合は自分の経済状況の変化に合わせて家賃が安いところに住み替える等のリスク回避がし易いです。

一方、住宅を購入してローンを組む場合は、安定して継続して支払っていくことが大前提になります。

したがって、住宅を購入する前には、今一度家計の見直しを行う人も多いのではないかと思います。

もちろん私もその一人でした。

私の場合は、賃貸のときは家賃・管理費・駐車場代を合わせて8万円強でした。

一方、ローンの支払いは、トータルで15万円弱になりました。

賃貸時代はある程度ゆとりのある生活ができていたので、この賃貸からローンになる際の+7万円程度のギャップ分を何とか節約できれば確実に安心できると考えました。

が、現実的に7万円の節約はほぼ不可能でした(;^ω^)

当時の支出は25万円~30万円/月で、そのうちどうしても削れない家賃と車ローンと奨学金の返済で15万円くらいあったので。。。

まぁそれでも、とりあえず節約できる部分がないか?と家計を見直し、できるところからスタートしたのです。

MVNOのススメ

で、まず目を付けたのが携帯代でした。

当時、ドコモで携帯を契約していて、月々の料金は1~1.5万円くらい(端末代分割込で)でした。

大手キャリアのドコモ、au、ソフトバンクだとどうしても料金が高くなりがちです。

(それでも少しずつ安くなってきているみたいですが)

で、見出しのMVNO。

ご存知の方も多いと思いますが、MVNOとは

仮想移動体通信事業者(かそういどうたいつうしんじぎょうしゃ、英語: Mobile Virtual Network Operator, MVNO)とは、無線通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランドで携帯電話やPHSなどの移動体通信サービスを行う事業者のことである。

仮想移動体通信事業者 – Wikipedia

いわゆる、巷で言われている格安SIMと思ってもらえれば良いと思います。

格安SIMにすると安くなるって聞くけど、なんだか難しそう・・・と思って、迷っている方々も多いのではないかと思いますが、やってみると案外簡単です!

実際に私も難しそうと思っていましたが、やってみると簡単!めっちゃ安くなった!ほんとMVNOに変えてよかった!です(笑)

MVNOにするメリット

メリットは大手キャリアに比べて料金が安いこと!

これに尽きます。というか、これしかありません(笑)

ちなみにMVNOにすることで料金的なメリットが特に大きいのは、およそ以下のような人です。

  1.  データ通信はあまり行わない(もしくはWi-Fi環境下でしかほとんど使用しない)
  2.  通話はほとんどしない(LINEの無料通話などのデータ通信経由の通話しかしない)
  3.  スマホの機種やスペックにそれほどこだわりがない

私のケースだと・・・

私の場合は、上記の1, 2に当てはまるかなぁと思います。

家はWi-Fi環境だし、外でインターネットを使用することもそれほど多くありません。

電車通勤だったら通勤中にポチポチやってそこそこ使いそうですが、車だと弄る機会がありません(;^ω^)

通話は必要に応じてしますが、多くはありません。

そして友達とかだとLINEの無料通話を使用することが多いです。

で、実際のところ、直近半年間の携帯料金は

3,360円

2,943円

2,877円

6,150円

5,540円

3,633円

でした。

料金が変動しているのは、通常の(非データ通信経由)通話時間によるものです。

平均的な使用だと、月3,000円前後といったところだと思います。

ドコモ時代と比べて、端末代除いても月5,000円は安くなりました(*´ω`*)

MVNOにするデメリット

デメリットの1つは、キャリアのメールアドレスが使えなくなることです。

つまり、xxx@docomo.ne.jpとか、xxx@ezweb.ne.jpとかが使えなくなるということですね。

ただ、このデメリットも昔ほど今は大きくないのかなぁと思います。

キャリアメールより、LINEなどのアプリを通じて連絡を取る方が多くなってきていますからね。

メールであっても、キャリアメールではなくてもGmailなど代替できるものもたくさんあります。

あとは、たとえば大手キャリアと比べて料金プラン少ないというような細かいデメリットはありますが、裏を返せばシンプルで分かりやすいとも言え、必ずしもデメリットとは言えないようなものがほとんどだと思います。

大手キャリアからMVNOに変更する流れ

これについては細かく解説しているサイトが山ほどあるので簡単にしか紹介しませんが、順におよそ以下のような流れだと思います。

①端末の準備

→SIMフリーのスマホを購入する(ピンキリ、1~10万円) or 使用しているスマホをそのまま使用(ドコモ、au)or SIMロック解除(ソフトバンク)

②MNP予約番号取得

→キャリア窓口 or Webで手続き

③MVNO契約

→Web or 窓口、②③であわせて手数料5,000円程度発生。キャリアの更新月以外だとさらに契約解除料発生(1万円程度)。端末代が残っている場合はその残りも支払い必要。

注意点

注意点というか、「契約更新月」の事前確認が必要です。

大手キャリアは「契約更新月」というのがあって、そのタイミング以外で解約すると契約解除料が発生します。

ですから、できればそのタイミングでMVNOに移動するのがベストです。

更新月が1~3か月先くらいなら、それを待って解約したほうがおそらくお得です。

もし契約月が半年後とかだとしても、解除料払っても基本的には回収できてしまうので、できるだけ早く移るのをオススメします。

おすすめのMVNO

MVNOに変更する上での一番のハードルは、「なんだか難しそう」「面倒くさそう」だと思います。

そこでおすすめしたいのがBIC SIM

こちらはBICカメラの店頭で即時発行、開通サポートをしてもらえます(店舗によります)。

私もBIC SIMを使用していますが、店舗ですべて教えてもらいました(´∀`)

まとめ

ドコモからMVNO(BIC SIM)に変えて一年以上経ちましたが、今のところなにも不便に感じたことはないです。

料金もだいぶ安くなったので、本当に変えて良かった!大満足です!

皆様もぜひご検討ください(*´ω`*)

↓ランキング参加しています↓

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

良かったらぽちっと押してください♪励みになります(*´ω`*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする