部屋に緑を増やしたい ~パキラの挿し木に挑戦~

スポンサーリンク

こんばんわ。

3月も今日で終わりですね。

普通の会社であれば、4月には新入社員が入ってきて、活気にあふれるところなのでしょうけど、私の会社はほぼ中途しか採用しない普通じゃない会社なのです(笑)

そんなこともあり、もう三十路に突入しましたが、会社ではいまだにほぼ最年少です(;^ω^)

さて、今日は我が家の観葉植物のパキラについて。

観葉植物ネタ、何気に頻度高いですね(笑)

こんなに観葉植物にハマるとは正直思ってなかったのですが、毎日成長を見守るのが楽しいのです(・∀・)

スポンサーリンク

我が家のパキラ

観葉植物を初めて購入して、なにが一番驚いたかというと、その成長の早さ。

これが3/6で

これが3/20で

これが3/24で

これが3/27

3/24から3/27の間に、とあることをしました。

この写真だけでわかった方はすごい!

それは・・・Sentei!!

剪定

剪定とは?

剪定(せんてい)とは樹木の枝を切り、形を整えたり、風通しを良くする事。 庭木の手入れとして行われる。 見た目を美しくするのみでなく、養分を効率よく利用させて生長を促進したり、病害虫の繁殖を予防する効果がある。 骨格枝を明確にする事を整枝(せいし)と呼ぶが、一般的にはこの作業を剪定と呼ぶことが多い。
ということです。
要は、観葉植物の散髪!

横に広がった部分を切って、縦長シルエットに整えました(^ω^)

あとは、どうしても新芽は日の当たる方向に向けて伸びているような気がするので、バランスよく伸ばすために向きを反対に変えました。

で、切った枝をどうしようかなぁとー思っていたところ、ネットで調べてみるとパキラは「挿し木」ができると!

挿し木とは?

挿し木(さしき)は、植物の人為的繁殖方法の1つ。クローン技術の元祖とも言える。

挿し木 – Wikipedia

またしてもWiki先生に説明してもらいましたが、要は切った枝からまた株を成長させようってことです。

挿し木にも色々な種類があるようなのですが、今回は「水挿し」に挑戦してみます。

こんな感じで、ガラスの瓶に水を入れて、そこに切った枝を挿しています。

これはこれでもオシャレなのですが、上手く育ってきたらやはり土に植え替えようと思います(*´Д`)

正直、挿し木で育てるのは初心者には難しいそうなので自身がないのですが、上手く育つといいなー。

ドキドキですが、また後日どうなったかレポートしたいと思います!

・・・名前でも付けようかな(笑)

↓ランキング参加しています↓

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

良かったらぽちっと押してください♪励みになります(*´ω`*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. jun より:

    短期間でこんなに葉が大きく成長するんですね!驚きです!!

    グリーンがある部屋…めちゃくちゃ憧れます。

    しかし、なんせズボラな性格なので、ハードル高いです…が、bellrinさんの記事読んでたら挑戦したくなってきました。

    もし挑戦することになったら教えてください!

    • bellrin より:

      junさん

      そうなんです!毎日変化が見て取れて、楽しいですよ(^ω^)

      お世話に関しては、週に1回くらい水やりするだけで大丈夫な観葉植物がいっぱいあるので、意外と手は掛かりませんよ(私もズボラな方です・・・笑)

      私でお手伝いできることがあれば、喜んでお手伝いしますし、ぜひ挑戦してみてください!