【人生の分岐点】独身でマンションを買うということ

スポンサーリンク

こんばんわ。bellrinです。

明日は全国的に大荒れの天気のようですね。

こういう天気の時こそ、車通勤のありがたみを感じます。

私は元々田舎育ちで、車は一人一台という生活が当たり前でした。

が、首都圏では車がなくても生活にはそれほど不便しないし、車を保有しないという生活を選んでいる人も多いのかなーと思います。

都内でそこそこ交通の便が良いところだったら私も車を手放すと思います(笑)

さて、今日は「独身のマンション購入」について。

家族構成が大きく変わる可能性がある独身者がマンションを購入する場合、将来のことを色々と考えて購入を検討すると思います。

もちろん私もその1人でした。

スポンサーリンク

そもそも独身でマンションを購入するべきか否か

独身のうちはお金を貯めて賃貸で良いんじゃない?

至極、普通の考え方だと思いますし、経済的な側面だけで考えると、最もローリスクな選択だと思います。

私がその選択をしなかった理由。

それは、「日々の生活の質の向上を求めて」に他なりません。

仕事が忙しくて、家ではほとんど寝るだけという生活。

一見、「寝るだけなんだから、それこそ賃貸で良いんじゃない?」と思うかもしれませんが、私にとっては「だからこそ」でした。

少ししか家にいる時間はないかもしれないけど、だからこそ、その短い時間を充実したものにしたい、という思いでした。

仕事から帰ってホッとできる、癒される部屋をどうしても実現したかったのです。

その手段が自分好みのインテリアの導入だったのですが、色々と制約のある賃貸物件ではどうしてもそれが難しかったのです。

独身者がマンション購入で通る道

思い切って購入しようという意思が固まった後に悩んだことがあります。

それは、自分の将来設計をどう考えるか、ということ。

①このまま独身か

②結婚して家庭を持つか

の2つですが、どんなに考えても、当時30歳の自分の中で答えは出せませんでした。

結婚って結局は自分の意志だけでできるものではなく、相手があってのものですからね。

こればかりはどうしようもない・・・。

まぁでも悩んでも仕方ない、と気持ちを切り替えて物件選びをしたわけですが、ここにも分岐点が。

それは部屋のサイズをどうするか。

①単身用(1LDK~2LDK)マンション

②ファミリー用(3LDK~)マンション

結婚して家族を持つことを想定した際、①であれば広い部屋に住み替え前提です。

②であれば一緒に住むこと想定になりますが。ここで問題なのは家族とそのマンションに一緒に住めるかどうかがわからないということ。

結婚相手の職場への距離や、家庭(実家)の事情などで難しい場合もあるかもしれません。

相手がいない状態でマンションを買うのですから、いくら考えてもこればかりは答えは出ません。

まぁ家族がいたところで、転勤などで住居を動かざるを得なくなるケースもあるわけですが。

で、正直この辺から私はもう考えるのが嫌になって、「そのとき考えれば良いや」の精神に達しまして。

自分本位マンションを選んで、もし家族ができた場合はそのとき考えよう、と(笑)

そんな私が選んだのは3LDKのファミリー向けマンション。

今後、家族ができた場合は今のマンションに家族で住むことができればベストではありますが、もし無理だったとしてもしょうがないかなーと割り切れています。

そもそも結婚できるのか・・・(;´Д`)

ただ、その覚悟さえ決まってしまえば、物件選びなんて大した大きな問題ではないのです。

周辺の新築相場や中古価格などのデータはたくさんありますし、それらを参考にして客観的に失敗のない物件を選ぶことは可能ですから。

でも資産価値とかお金勘定ばっかり気にして物件を選ぶのは正直つまらないです(;^ω^)

やっぱり自分や家族の「幸せを買う」っていう思いで買うのが、一番満足度が高いのかなぁと思います。

心が満たされることが一番です。

なんか今日はとりとめのない話になってしまいましたが、マンション購入を検討されている皆さんがどうか素敵なお部屋に巡り合えますように。

↓ランキング参加しています↓

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

良かったらぽちっと押してください♪励みになります(*´ω`*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする