【仕事】研究開発の仕事って?その3 意外な実態が・・・【自分語り】

スポンサーリンク

こんばんわ。bellrinです。

最近やたらと眠たいです。日中、頭がぼーっとしています(笑)

単純に睡眠時間が減っているのが原因だと思いますが、どうにもこうにも忙しいので仕方ない感じです(;´Д`)

ゴールデンウィークまではなんとかこのまま走り抜けたいと思います。

さて、昨日の続き。「研究開発職の仕事」シリーズ。

マンション・インテリアネタからだいぶ脱線してしまっておりますが、今回で最後です(;^ω^)

(参考)

【仕事】研究開発の仕事って?その2 研究職と開発職の違い【自分語り】
こんばんわ。bellrinです。 ゴールデンウィークまでもう少し。ラストスパートですね。 私は暦通り5/1、5/2と出勤...
【仕事】研究開発の仕事って?その1 研究開発従事者はどれくらいいる?【自分語り】
こんばんわ。bellrinです。 週末は久しぶりに車で遠出して、自然に触れて癒されてきました(*´ω`*) ...

<前回までの要約>

・研究開発に従事する人は約5%

・研究職と開発職は大きな会社では区別される

・研究職は、将来の製品に応用できる技術を研究することが仕事

・開発職は、研究部門で確立した新しい技術を実際に製品に落とし込むこと、顧客ニーズに合わせて製品を改良することが仕事

昨日までは一般論が中心でしたが、本日は自分の経験を踏まえて、「研究職」および「開発職」について、もう少し踏み込んだ話をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

開発職

私は新卒で化学(材料)メーカーに就職しました。

大企業ではなかったので、「研究」と「開発」が明確には細分化されていなかったのですが、仕事の内容的には「開発」に近かったです。

基本的に仕事は顧客紐づき

私の担当する材料において、お客さんは電機メーカーでした。

つまり、自分たちの材料(製品)を電機メーカーに使ってもらうということです。

電機メーカーは非常に製品開発サイクルが短いのが特徴。

冷蔵庫とか、エアコンとかって、毎年モデルチェンジして新製品が発売されますよね?

したがって、それに合わせて仕事をするので、激務でした。

研究開発というと、馴染みのない方は実験室に籠っているようなイメージをする方もいらっしゃると思いますが、営業と同行して、顧客の技術のメンバーと打ち合わせをしたりします。

その際、「新しい〇〇〇の製品に×××のような材料を使いたいから、△△月までにそれを作ってほしい」というような要望を受けるわけです。

こうやって、具体的な納期のある仕事がメインになってくるため、どうしても忙しくなります。

ピーク時は月100時間くらい残業していました。

やりがい

自分の手がけた仕事が、製品につながりやすいので、そこが一番のやりがいです。

実際に私も自分が開発した技術のいくつかが、新製品として量産されました。

また、BtoBであれば顧客と直接話をする機会もあるので、良い評価を聞けたりすると嬉しくなりますね。

研究職

新卒で入社した会社で数年務めた後、外資系メーカーに「研究職」として転職しました。

外資メーカーと国内メーカーでは多少違うところもありますが、共通している部分にフォーカスします。

仕事はほぼ社内完結

研究職のミッションは、数年先の製品に搭載される技術を創出すること。

直接的にお客さんに紐づくことは稀で、基本的に仕事は社内完結します。

開発職の場合は短期間で製品の改良をしなければならないので、ほかのメーカーの手を借りることが多いです。

具体的には、他のメーカーからコアとなる材料を取り寄せて、それを自社製品にアッセンブリーする、など。

よって、他のメーカーと打ち合わせをするような機会も多いのです。

一方、研究職は、自分たちの得意分野で世の中にはまだない技術を作るので、一から自分たちで作らなければならないことが多いのです。

また、仕事の忙しさという観点では、開発職と比べると比較的マイペースに仕事ができます。

今の私の会社でもホントに個人の裁量次第という感じで、残業をたくさんしている人、全然していない人、まちまちです。

やりがい

これは何といっても、「世の中にないものを作り上げること」です。

言い換えると、成功したら非常にインパクトの大きい仕事ができるということです。

歴史に名を遺す発明者になれるかもしれません(笑)

研究職、開発職のもう一つの成果物

それは「特許」です。

新しい技術を開発した場合、ビジネスとしてそれを独占するために特許を出願します。

会社によっては特許出願時に報奨金が出たり、製品化された場合は売り上げの一部が還元されたりと、これもやりがいの一つですね。

ちなみに、特許は出願してから公開されるまでに1年半、そして権利化されるまではおよそ5年くらいかかります。

その道のりは非常に長いのです。。。

研究開発職に就く人ってどんな人?

自分も含めてですが、少し変わった人が多いかもしれません(笑)

2社経験して共通しているのは、職人気質で黙々と仕事をこなす人が多い印象です。

普通の人が知らないようなマニアックな知識をたくさん持ち合わせていますが、それをひけらかしたりは基本しません。

ドン引きされるのをよく自覚しているので(笑)

・・・ということで、3日間に渡り、ざーっと書いてみました。

乱筆になっているのを自覚していますので、後日リバイスしたいと思っています(;^ω^)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

明日からまたマンション・インテリアネタに戻ります(*´ω`*)

↓ランキング参加しています↓

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

良かったらぽちっと押してください♪励みになります(*´ω`*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする