【賃貸vs購入】結局、マンション購入と賃貸、どちらがお得?その1 ~我が家の実例で具体的に試算~

スポンサーリンク

こんばんわ。bellrinです。

GW明け初日、皆さんはいかがでしたか?

私はお陰様で体調に関しては完全復活しましたし、昨日は十分に寝ていたせいか、身体が軽かったです!

仕事もすごい捗りました!例年は休みボケしていて全く捗らなかったのですが(笑)

さて、しばらくマンション・インテリアネタから遠ざかっておりましたが、今日はマンションネタです。

マンション購入と一生賃貸、結局どっちがお得なの?

これはマンション購入を検討する段階で誰もが考えることで、各所で議論されている永遠のテーマであります。

一般的に言われているのは、分譲マンションと同じグレードの賃貸マンション(いわゆる分譲賃貸)に住む前提で考えると、金銭的には購入の方がメリットがある、ということ。

一方の賃貸のメリットは、生活の変化に対応しやすいということ。

たとえば、転勤になった場合に気軽に住居を移動できる、収入が減った(支出が増えた)ので家賃の低いところに引っ越すことができる、等です。

逆に言うと、終身雇用(収入も安定)で転勤もない仕事をしているのであれば、この賃貸のメリットがなくなるので、購入のほうが良いということになります(当然ですが・・・)。

で、話は少し戻って、購入のほうが金銭的にはメリットがあると言われているわけですが、実際のところどれくらいメリットがあるの?というのをシミュレーションしてみました!というのが今日のエントリーです。

スポンサーリンク

シミュレーションの条件

どれくらいメリットがあるのか?それはシミュレーション(前提)条件によって当然大きく変わってきます。

なんとなく私が同様のシミュレーションしているサイトを拝見した限りでは、案外、

分譲マンションと同じグレードの賃貸マンション(いわゆる分譲賃貸)に住む前提で考えると

という部分を反映している試算結果がないなーという印象です。

そのエリアの賃貸物件の相場の賃料をベースに、35年賃料不変で計算している(実際はマンションが古くなると賃料は下がる)、等が多いです。

ということで、今回の試算では、ここをある程度忠実に反映して試算することにします。

具体的な試算条件は以下の通りです。(私が購入したマンションをベースとした条件ですが、細かい金額は少しぼかしています)

<購入>

・頭金なしのフルローン

・35年固定金利(団信込)1.31%←住信SBIの今月の金利適用

・ローン年間支払額 167万円

・住宅ローン控除 10年間で-390万円

・初期諸費用(ローン手数料など) 200万円

・管理費&修繕積立金 ~4年目1.5万円、~9年目2.0万円、~14年目2.5万円、15年目~3.0万円

・固定資産税 実際の初年度税額をベースに経年減価率を掛けて算出

・内装リフォーム代 20年ごとに100万円

賃貸

・家賃18万円(実際に同じマンションで賃貸に出ている金額より少し低めに設定)

・賃料は5年ごとに-1万円と仮定

・更新料は2年ごとに賃料1カ月分

※駐車場代、火災保険料などは賃貸も購入もほぼ同じで共通なので、今回の試算には入れませんでした。

我が家のマンションの特徴として、管理費・修繕積立金が安めかもしれませんね。

あとは、家賃の減額率が-1万円/5年で妥当かとか、内装リフォームが100万円/20年で済むのかとか、あやしい部分もありますが、それほどおかしな設定にはなっていないと思います。

さて、どうなる⁉

明日に続きます(*´∀`*)

↓ランキング参加しています↓

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

良かったらぽちっと押してください♪励みになります(*´ω`*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする