価格もお手頃!ウッドブラインドのススメ

スポンサーリンク

こんばんわ。bellrinです。

もうすぐ5月も終わり、梅雨入りシーズンですね。

私の出身の北海道には梅雨というものが無かったのですが、いまだに梅雨には慣れません(;^ω^)

関東に出てきて、最初の梅雨。

北海道出身の私は見事に洗礼を受けました。

クローゼットの中の洋服にカビを生やしてしまったのです(;^ω^)

このことは一生忘れませんね(笑)

さて、先日の記事でオーダーカーテンのオススメ店として、feelさんを紹介しましたが、実は私はもともとブラインド派です。

(参考)

【ニトリより安い】おしゃれな激安オーダーカーテンのすすめ
こんばんわ。bellrinです。 マンション生活において必須アイテムであるカーテン(ブラインド)。 この...

実家でも、前居でも、前々居でもブラインドを使用しておりました。

ブラインドってカーテンと比べてやっぱりオシャレに感じますね。

スポンサーリンク

ブラインドの特徴

カーテンと比較した場合の長所、短所はおよそ以下の通りだと思います。

<長所>

・おしゃれ、デザイン性が高い(個人による)

・風通し具合を調整できる

<短所>

・断熱性が低い

・遮光性が低い

・耐久性が低い(壊れやすい)

当然ですが、一長一短ですね。

価格についてはカーテンがピンキリですので何とも言えませんが、ブラインドのほうが少し割高の印象があります。

ブラインドの種類

ブラインドといっても、実際のところ色々なタイプのものがありますが、素材と形状という観点で分類すると、およそ以下のような感じかと思います。

<素材>

・スチール製

・樹脂製

・木製

<形状>

・横型

・縦型(いわゆるバーチカル)

リビングにはバーチカルブラインドがおすすめ

バーチカルブラインドは名前の通り、羽が縦型のブラインド。

リビングにはこのタイプがオススメ。

その理由は、縦型の羽によって天井の高さが強調され、部屋に開放感が生まれるからです。

出典:トーソー社HP

また、縦型のブラインドは横型のブラインドと比べて耐久性が高いのではないかと予想します。

横型のブラインドを使用したことがある方ならわかると思いますが、ブラインドを上下方向に上げ下げすると、ブラインド全体にかなり負荷がかかっているように感じるからです。

特に大型になればなるほど、重力の関係で負荷が大きくなると思います。

これも窓面積の大きいリビングにバーチカルブラインドをオススメする理由の一つです。

寝室にはウッドブラインドがおすすめ

一方の寝室にはウッドブラインドがおすすめ。

ウッドブラインドは木製ですから、基本的なカラーはブラウンになります。

したがって、たとえばリビングに大きなウッドブラインドだと、部屋全体が暗くなってしまうのであまり好ましくありません。

ですが、逆に寝室の場合は少し暗めの色の方が落ち着けるのでベター。

我が家の寝室もウッドブラインド。とてもリラックスできます(・∀・)

我が家のウッドブラインドはこちらで購入しました

こちらのショップのウッドブラインドはお値段もかなり手頃。

たとえば1m×1.6mのオーダー品で、価格は1万円強です。

そして購入する前に実物カラー確認用のサンプルピースを請求することもできますので、ミスマッチを防げるのもgoodポイントです(*´ω`*)

通販で買う、その懸念点は・・・

おそらく誰もが気になること。

それは、「ちゃんと自分で設置できるか?」です。

これは私も心配していましたが、必要な道具があれば一人でも設置できました。

取り付けにはIKEAで購入した電動ドライバーが大活躍!

基本的な取り付けの流れは、

①据え付けのカーテンレールを外す

②取り付け金具を天井に固定する

③ブラインド本体を取り付ける

④バランス(目隠し材)を取り付ける

です。

一人作業だと③のステップで多少苦労します(笑)

我が家はカーテンボックス内の天井部に取り付けました~

ウッドブラインドは私も今のマンションに住んで初めて購入しましたが、おしゃれでとても素敵です(*´ω`*)

皆様も良かったら検討してみてください!

当記事の一部画像の著作権は、トーソー株式会社に帰属します。著作情報の削除依頼に関しては、こちらのお問い合わせからお願いします。著作者からの申請であれば、速やかに対応いたします。

↓ランキング参加しています↓

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

良かったらぽちっと押してください♪励みになります(*´ω`*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする