共働き家庭の家事分担について。皆が思っていること。そして私が思うこと。

スポンサーリンク

こんばんわ。bellrinです。

最近ぐずついた天気の日が続き、本格的に梅雨入りって感じですね。

梅雨が明けたらビアガーデンに行きたいです(*´∀`)

さて、本題に入ります。タイトルの話。

会社でほぼ同じメンバーで毎日お昼を食べているのですが、私の他は皆さん既婚・共働き・子子持ちといった感じです。

そんなこんなで、会話はやはり家族の話が多くて、特に家事や子育ての話をよく聞くわけです。

私はまだ独身ですが、今の時代、やはり共働き家庭が多いと感じています。

そんな共働き家庭において、実際にどのように家事分担しているのか?

気になりまして、今後の自分のためにも(笑)少し調べてみました。

スポンサーリンク

共働き家庭の家事分担

専業主婦家庭と共働き家庭の割合は?

冒頭では今の時代、共働き家庭が多いと書きましたが、実際のところ専業主婦家庭と比べてどのくらい多いのか?気になるところ。

これについては、厚生労働省の調査によると、

出典:厚生労働省 HP

こちらのデータによると、平成4年(1992年)に初めて共働き家庭が専業主婦家庭を上回り、平成26年時点では10家庭中6家庭が共働きという割合。

率直な感想としては、思ったより専業主婦家庭も少なくないんだなーと。

もちろん、地域格差や世代格差もありますから、都心ほど、若い世代ほど共働き世帯の割合が多いと予想されます。

共働き家庭の家事分担と満足度

で、世間一般の共働き家庭の家事分担はどうなっているのか?

できるだけデータ数が多く、信頼できそうなソース(国の調査など)を探してみたのですが、見つけられませんでした。

ですが、とりあえず見つけたものの中から今回は紹介します。

<保険クリニックによる共働き夫婦の家事分担についてのアンケート調査(一部抜粋)>

Q1.現在の家事分担に満足していますか。

出展:保険クリニック

まずは家事分担に関する満足度の男女差ですが、思ったよりはないなーと思いました。

妻側が夫の家事分担に不満を持っているという話をよく耳にしていましたので(笑)

Q4.どんな家事をどのくらいの割合で分担していますか。

出展:保険クリニック

続いて、具体的な分担内容について。

一目見てわかるのが、妻側の分担が圧倒的に多いということ。

ですが、この結果が夫側の協力が不十分であるということを表しているかというとそうではないと思います。これはQ1の結果が物語っています。

共働きといえども夫婦で勤務時間に差があるでしょうし、実際のところは勤務時間の短い妻側が家事を多く分担し、それについても夫婦間で納得しているというところでしょう。

内容に関しては、料理と洗濯を妻側が行っていることが多いようですね。

料理はわかりますが、洗濯は意外かも。

Q8.家計の分担はどの様にしていますか。

出展:保険クリニック

最後はおまけ的なところですが、共働き家庭は家計をどのように負担しているか。

依然として、「財布は一つ派」がマジョリティということでした。

共働きといってもここは変わらないと。

お互いの収入額にもよるけど、私も①かな~。

所感

共働き家庭が増えてきた背景の一つに、男女雇用機会均等法の制定以来、世の中が女性の社会進出を後押しするようになっているということがあると思います。

ですが、現実的なドライビングフォースは、現在の社会において平均所得が減少しているため、夫の収入だけで妻・子供を養うことが難しくなってきているということだと思います。

今も昔も、専業主婦希望の女性は一定数以上いますから。

(現実に選択するかどうかは置いておいて、建前でもなく本音ではということ)

女性が専業主婦を希望する理由も人それぞれだと思います。

単純に仕事したくないからという人もいるでしょうし(気持ちはわかります笑)

これは家事分担についてもそうですが、このあたりの考え方って周りの影響を大きく受けるのだと私は思います。

これは個人的な話になりますが、以前付き合っていた女性で、結婚後は仕事を辞めて専業主婦になりたいと言っていた人がいました。

私の中では経済的に切迫しているわけではなかったので本人が希望するならという気持ちはありましたが、なんでそう思うのかと聞いてみると、「うちの母がそうだったから」と。

実家が裕福だったこともあり、お母さんが一度も働いたことがない専業主婦だったから、その姿を自分と重ねていたようです。

よくよく聞くと、特にそこに強いこだわりがあるわけではなかったみたいですが。

(ちなみにお姉さんも専業主婦だったようです)

ちなみに私の両親は共働きでした。

あまり記憶がないのですが、少なくとも小学校上がる頃には母親は働いてように記憶しています。

ですが、家事はほとんど母親がやっていたような気がします。勤務時間も母親のほうが長いくらいだったにも関わらず。

(それが原因になったのかはわかりませんが、うちの両親は離婚しました・・・)

子は親の背中を見て育つなんて良く言いますが、そんな両親の姿を見て学び、時には反面教師として心に刻み、これからもし結婚することがあれば、夫婦で協力してよい家庭を築いていければなーと思っています

ちなみに私はもう一人暮らし歴10年以上なので、嬉しいやら悲しいやら、すべて家事をひとりでやることが当たり前になっています(;^ω^)

夫として、なかなかの優良物件だと思うのですが(笑)

・・・冗談です(ノ´∀`*)

↓ランキング参加しています↓

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

良かったらぽちっと押してください♪励みになります(*´ω`*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ここ より:

    普段は会社の昼休みに拝見しているので、コメントもなかなか残せず・・・、
    でも今日はとっても興味深いトピックだったので、自宅から再訪させていただきました♪

    意外に皆さん家事分担に満足されているんですね!
    私の周りは、特にお子さんがいる家庭は、夫婦共働き(奥さんは普通に総合職)でも家事育児は奥さんの負担が大きいお宅が多くて、よく不満を聞くので・・・。
    友人の旦那さんに、「旦那さんの収入の方が高いなどあればまだ我慢できるかなと思うけど」と言ったら「結婚というのはね、そういう損得を考えたら続かないんだよ」と諭されまして、その瞬間に結婚をあきらめた次第です・笑

    家事できるbellrinさんは、本当に優良物件だと思いますよ!

  2. bellrin より:

    ここさん
    コメントありがとうございます!

    私もおなじで、共働きで奥様側が旦那さんの家事に不満持っているという話を周りでよく耳にしていたので、この調査結果は意外でした(笑)

    たしかに、結婚て損得だけで考えたらなかなかできないのかなーと思います。
    損したとしても一緒に居たいと思える人と一緒になるべきなんだと思いますし、打算で一緒になってもやっぱり続かないんでしょうね。
    と、よくよく周りの人生の先輩に聞きます(笑)