【新築マンション】首都圏272駅価格マップ

スポンサーリンク

こんばんわ。bellrinです。

わたくし、ついに・・・

ゴルフクラブを買ってしまいました(*´ω`*)

今年に入ってから、会社の上司・先輩に誘われて始めたゴルフ。

月2回くらいのペースで打ちっぱなしの練習に通っていたのです。

仕事帰りの楽しみは・・・
こんばんわ。 今日は趣味の話です(;^ω^) 最近の仕事帰りの楽しみは「ゴルフ」です。 韓国から日...

正直ゴルフは自分の中では敷居が高かったです。

ゴルフってやっぱりお金の掛かる趣味だとは思いますし。

だからこそ独身のうちにというのもありますが、ゴルフを始めた一番大きな理由はやっぱり付き合いでって感じですね(;^ω^)

とにもかくにも、クラブを買ってしまうともう後には引けないです(笑)

さて、話は変わりますが、今日たまたま仕事帰りにスーパーに寄ったときに、SUUMOが目に入りまして。

実に1年ぶりくらいに手に取って読んでみました(*´∀`)

今週の特集は「首都圏272駅価格マップ

新築マンションを選ぶときって、基本的には希望のエリアと価格のバランスを考慮して決めますよね。

資産価値維持という点では都心ほど有利ですが、その分、価格も高くなります。

職場が都心ではなく、転勤の可能性もなければ、資産価値なんて何も考えずに近場でっていうのもありでしょう。

今日はざっと今週のSUUMOの特集のレビューと感想についてです(・∀・)

スポンサーリンク

やはり首都圏のマンションは高い

2013年くらいからマンション価格上昇が始まり、私がマンションを購入した2015年あたりには価格が上がりきってピーク、なんて話をよく耳にしていました。

ですが、2017年時点でも相変わらず高いという印象ですね。

久しぶりにまともにマンションの価格に向き合いましたが、やはり高い。

まぁ何に比べて高いかって話ですが、私の地元では庭付き一戸建てが2000万円強で購入できてしまうので、郊外物件の価格でも2件分以上になってしまうわけです(笑)

まぁそれは置いておいて、さっそくエリア別に詳しく見てみましょう。

※以下記載の価格はすべて70m2換算価格です

①山手線エリア

1位は六本木の1億7658万円。平均で楽に億ション越えというのが恐ろしい(笑)

山手線の内側エリアの価格が多数掲載されていますが、安いところで6000万円、平均すると8000万円~1億円というレンジのようです。

このあたりのエリアの物件を購入する人って、どんな属性の人なのでしょうか。

すごい興味があります(笑)

頭金をいくら用意だきるのかにも寄りますが、現実的にローンを組めるのって年収の7倍くらいだと思いますので、1億円の物件を購入しようとすると、世帯年収で1500万円は最低必要でしょう。

ですが、そもそも夫婦合算ギリギリの線で多額のローンを組むというのはリスクも多いですし、やはり経営者とか医師とか、一馬力でこれくらいの年収がある方々が買うのでしょうね。

②首都圏南エリア

首都圏南エリアのイメージがわかりづらいのですが、西は小田原から東は品川までといった範囲のようです。

ざっとですが、品川や渋谷まで10分圏内で6000~8000万円、20分圏内で5000~6000万円、30分圏内で4000~5000万円といった感じでしょうか。

普通のサラリーマン家庭で現実的に検討に入るのはこのあたりの価格レンジではないかと思います。

私は神奈川県民ですので、神奈川県内で着目してみると、高い順に

1位 横浜 8410万円

2位 川崎 6991万円

3位 武蔵小杉 6934万円

4位 高島 6825万円

5位 たまプラーザ 6685万円

になっています。あくまで載っている範囲でですが。

横浜は山手線内側並みの価格で別格としても、ここ数年で人気沸騰中の武蔵小杉は3位。

なんとなくもう少し高いのかなーと思っていました。

一方の最安値は追浜の3030万円。

追浜ってどこじゃー?って感じですが、横須賀らしいです。

ちなみに次点は小田原の3278万円。

このあたりのエリアだとやっぱり一戸建てが主流なんでしょうかねー。

③首都圏北西エリア

こちらもエリアがわかりづらいですが、北は大宮、西は伊勢原(神奈川西部)あたりまでのエリアです。

一応、このエリアの都心ターミナル駅として、新宿と池袋が挙げられていますが、新宿10分圏内と池袋10分圏内ではまるで価格が違う!

池袋10分圏内は5000万円程度ですが、新宿10分圏内だと7000万円程度になっています。

また、都心とは離れる方向ですが、埼玉の街中(大宮とか浦和)は5000~6000万円と、良い値段します。

一方の最安値は開成(神奈川西部)の2654万円。

だいぶ田舎でこの辺りはほぼ一戸建てだと思うのですが、分譲マンションも建てられるんですねー。

④首都圏東エリア

東エリアはわかりやすいですね、主に千葉全域および埼玉の東部になります。

都内はまだ高いですが、埼玉、千葉県内になると、3000~4000万円あたりが中心。

都内勤務で通勤1時間でも許容できるのであれば、このあたりだとリーズナブルで手が出やすいのかなーと思います。

それにしても、神奈川の横浜・川崎あたりと比べると埼玉・千葉はだいぶ安めですね。

最安値は実籾(千葉市と船橋市の間あたり)で2309万円。

東京駅まで37分なので、先ほどの開成と比べると都心へのアクセスは全然良いと思うのですがとてつもなく安い(笑)

まとめ

久しぶりにこうやってマンションの価格を眺めてみましたが、都心までの所要時間が同じ場所だとしても、エリアによってかなり価格差があるんだなーと思いました。

私も今のマンションにずっと住み続けるかはわかりませんので、新築物件の情報収集や相場価格に関しては今後もウォッチングしていこうと思います(*´ω`*)

なんだかんだでマンションを購入した後もモデルルーム訪問したり、物件サイトを見ているのは楽しいと感じるので、根本的にマンションが好きなんだろうな、自分(笑)

↓ランキング参加しています↓ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 良かったらぽちっと押してください♪励みになります(*´ω`*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする