外資系企業の福利厚生

スポンサーリンク

こんにちわ。bellrinです。

今日これから帰省します!

北海道は過ごしやすそうな気温のようなので、リフレッシュしてきたいと思います。

実は昨日大阪出張なので、帰省用に大阪土産を買ったのですが・・・

現時点で見当たりません(;゚Д゚)

昨夜、帰りに会社に寄った時までは持っていた記憶があるので、会社に忘れてきたのだろうか・・・

実は私、よくこういうことをやらかしてまして、めっちゃドジなんですよー(笑)

はぁ・・・

さて、気を取り直して。

私の会社では毎月、社員がみんな集まって社長から経営状況等を聞ける場があるのですが、先日ビックリな話が・・・

①会社内にフィットネスジムがオープン

えぇ?!という感じです。

これは果たして喜ぶ人はいるのでしょうか・・・(笑)

私の会社は平均年齢が高くて、若い人はほとんどいないので、ジムなんて利用する人は少ないのではないかなぁ。

②昼食代が全額会社負担

私の会社には食堂があります。

これまでは半額会社負担で、1食あたりの自己負担が300円くらいでした。

それが今後はすべて会社負担になるとのこと。これはGJ!

③スーパークールビズ

私の勤務先は研究所なのであまりほかの会社の人と面談することもなく、今までもポロシャツはOKでした。

それがTシャツ、ハーフパンツ、ジーンズもOKに。

もはやなんでもアリ・・・(;^ω^)

スポンサーリンク

外資系企業と日本企業の福利厚生の違い

手当という観点では、一般的に外資系企業は少ないと思います。

日本企業でももちろん大企業と中小企業では手当に差はあると思いますが、

住宅手当が厚くてほとんど自己負担なしで住居を確保できたり、子供一人当たり1万円手当が出る、なんて企業も。

一方、外資系企業の場合は年俸制である程度の給与水準になっていることがほとんどですので、手当は少ないと思います。

たとえば私の会社の場合だと、世帯主手当として数万円/月が出るのみ。

結婚してても、子供がいても手当に差はほとんどありません。

良い成果を出せば、良い報酬を得られる。至ってシンプルです。

私も今は外資系でバリバリ働いてスキルアップしたいと思っていますけど、ゆくゆくはやっぱり日本企業で働きたいなーと思っています。

たとえ給料が減ったとしても(;^ω^)

このブログも、数年後には転職活動ブログになっているかもしれません(笑)

↓ランキング参加しています↓

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

良かったらぽちっと押してください♪励みになります(*´ω`*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. れい より:

    やばー!ジムも社食もほんと羨ましい!( ;∀;)♡
    日本の中小企業も福利厚生ちゃんとしてほしいー!私今までに全然そういう恩恵うけたことないww結局大企業だけだもんねー(ㆀ˘・з・˘)笑

    • bellrin より:

      れいちゃん

      れいちゃんみたいに若い人だったらジムも嬉しいのかな?おじさんばかりのうちの会社にあっても宝の持ち腐れになる気がするんだけども(笑)

      オレも前の会社は中小だったから全然だったよー、家賃補助なかったし。
      でも手当ては大企業のほうがたしかにいいけど、それ以外の部分でよくない部分はいっぱいあるけどね( ;´・ω・`)