ヘッドハンターと面談。その人物とは・・・

スポンサーリンク

こんばんわ。bellrinです。

ここ最近お腹周りが重たいなーと思って体重計乗ったら特段変化なし。

でも体重変わらなくてもお腹周りがすごい気になる。

最近飲み会が多かったしなー。そして明日も飲み会。。。

少し節制しようと思います(;^ω^)

さて、ヘッドハンティング編、続きです。

【仕事】ヘッドハンティング?メーカー技術者の生き方【転職】
こんばんわ。bellrinです。 今週の木金と韓国に急に出張することになって、バタバタです(;^ω^) まぁでも、去年一...

スポンサーリンク

経緯をおさらい

ある日、突然知らない電話番号から着信。

出たところ、ヘッドハンティングの件で連絡したとのこと。

電話では、ざっくりと

・どういう経緯で連絡したか

・会社の事業内容

・待遇の話

をしまして、一度直接会って話をするということに。

会社のホームページのURLも教えてもらいました。

・・・めっちゃベンチャー企業でした(笑)

そして面談。面談場所は・・・

ということで、さっそく面談することになったわけですが、先方の話では場所はどこでも良いとのこと。自宅の近くでも、職場の近くでも、と。

で、私が選んだのはズバリ

先方の事務所

です。

ベンチャー企業って、実はwebなどで得られる情報がすごい少ないのです。

HPに書いてある情報は実際のところ本当なのかもわかりません(;^ω^)

会話の内容だけでは正直信用しきれないところがあるので、少しでもそれ以外のところからも情報を得ようということです。

いざご対面!その相手は・・・

で、当日。

まぁ予想はしていましたがオフィスは本当に一室という感じ(笑)

(この事務所はイチ営業拠点にあたります)

女の人が出てきて、軽く雑談し、簡単に会社紹介をしてもらいました。

ちなみに雑談の中で、

どんな仕事をされているんですか?

と聞かれて、

〇〇〇の開発

と答えましたが、

すみません、〇〇〇って何ですか?

と(笑)

〇〇〇って比較的、一般の方でも知っているようなものなんですけど(;^ω^)

この方はただの事務員のようで、会社の紹介もテンプレを話しているだけなんだろうなーと推察。

で、そうこうしているうちにヘッドハンターさんが到着。

そう、この人はヘッドハンティングを生業にしている人ではなく、この会社の社長なのです。

年齢は40代半ばくらいの人だろうか。ぱっと見の印象、気さくなオジサンという感じ。

で、もう一人、人事部長を名乗る方も同席。

こちらはもう少し年上かな?という感じ。

開口一番、「いつから来てくれますか?」、と( ゚Д゚)

それは軽く受け流して(笑)、彼らの考えているビジネスモデルなどに関して色々と質問。

まぁベンチャーって社長が無能だとほぼほぼコケますからね(;´・ω・)

ちなみにベンチャーというと、ご存知かと思いますが、「IT系」が圧倒的に多いのです。

これはなぜか?

ズバリ、PCさえあれば仕事ができてしまうから。

つまり起業する際の初期投資が少なくて済み、新規参入のハードルが低いということです。

で、今回の会社はITではなく、メーカーのベンチャー。

メーカーだと生産設備の投資が必要なので、ハードルが高く、リスクも大きいのです。

そういうのを踏まえて技術的なことも含めて色々と話を聞きましたが、ここでわかったこと。

彼らはビジネスのことはよくわかっているが、エンジニアとしてこの分野の専門ではないんだな、と。

それで専門性の高いエンジニアを囲いたいってことなんだな、と。

ビジネスモデルについては素直に興味深かったです。

正直にわかに信じられない話も多々あったんですけども(笑)

で、いよいよ待遇面の話になるわけですが・・・

長くなったので次回に続きます(;^ω^)

↓ランキング参加しています↓

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

良かったらぽちっと押してください♪励みになります(*´ω`*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする