モバイルSuicaに登録してみた。オートチャージが便利すぎる。

スポンサーリンク

こんばんわ。bellrinです。

皆さん、交通系ICカード使っていますか?

首都圏だと、「Suica」とか「Pasmo」のことですね。

私は学生時代まで北海道で過ごし、就職で首都圏に引っ越してきました。

そこで驚いたのが、この交通系ICカードの普及率。

うわ!ハイテク!!!!

田舎者丸出し・・・

というのも、そのころ、北海道でICカードを使っている人はほとんどいなかったのです。

みんな仲良く切符買って電車乗ってたよ。

さすが都会!そう思ったのを今でもよく覚えています(笑)

さて、その交通系ICカード。

今でも一番普及しているのはこのカード形態ですが、そこからもう一段階進化したのがモバイル端末を使用した形態。

その名も、モバイルSuica

なんだかそのままなネーミングですが、これがとても便利そうだったので私も始めてみましたので、今日は紹介したいと思います。

スポンサーリンク

モバイルSuicaを始めたきっかけは・・・

単刀直入に言うと、現行のICカードにおいて、不満ポイントがあったからです。

以下の2点です。

①ICカードのレスポンスが悪い

私は手帳型のスマホケースを使っています。

手帳型のケースの場合、内側にカード入れが付いていたりして便利なのですが、私はここにICカードを入れています。

以前は財布に入れていて、電車で乗り降りするときにイチイチ出してって感じだったのですが、スマホケースに入れておけばスマホごとタッチしてそのまま使える!

・・・なんて思っていたのですが

なぜかレスポンスが悪くてしょっちゅうゲートで止められてしまいます。

これは大誤算(´;ω;`)ウゥゥ

②いざ使うときにチャージ金額不足になっている

もう一点、ヤキモキしていたことがあります。

私は車通勤なので、電車に乗る機会って実はそれほど多くありません。

したがって、自分のICカードにどれくらいチャージされているかというのを把握していないことが多く、いざ電車に乗るときにチャージされていないなんてことがあって、そのたびにチャージしにいくのが面倒・・・

それだけで済めばまだ良いのですが、こんなことも。

私はほぼありとあらゆる支払いをカードでしているため、現金をあまり持ち歩いていないのですが、チャージ金額不足で現金も持ち合わせていない、まさにその場で途方に暮れてしまうことも・・・

仕方ないのでATM探します・・・

さらに最悪なケース、とりあえず電車に乗ったは良いが、チャージ金額不足で出られなくなって、さらに現金も持っていないという笑えない事態になったことも一度あります。

全く迷惑な客だ・・・

で、これら2点を解決しうるのがモバイルSuicaだったのです。

モバイルSuicaとは?

JR東日本と携帯電話各社により提供される、携帯電話の非接触ICカード機能を利用したプリペイド式乗車カード機能、またはそのサービスのこと。2006年1月にサービスが開始された。モバイルSuica対応の携帯電話を自動改札機にかざすだけで、電車に乗車できる。また、Suica対応店鋪の代金を携帯電話で支払える。

ASCII.jpデジタル用語辞典より引用

スマホのおサイフケータイ機能を使って、ICカードの代わりとして使用できるというのが最も主要な機能です。

要は、スマホを改札機にタッチすれば良いってことですね。

それに加え、モバイルSuicaを使用する最大のメリットですが、クレジットカードとリンクさせることで現金チャージをしなくてもアプリ上でチャージができるということです。

これは便利!Androidにして良かった!

【最新スマホ】Galaxy S8+を全力レビュー!iPhoneから機種変して思うこと(6/13追記)
こんばんわ。bellrinです。 スマホをiPhone SEからGalaxy S8+に変えて4日経ちました。 ようやく久...

ということで、モバイルSuicaを使用すれば、少なくともICカードにチャージされていなくて、現金も持っていなくて途方に暮れるという事態に陥ることはなくなります(笑)

ちなみにおサイフケータイ機能については、つい最近まではAndroidの一部機種のみでしたが、iPhoneでも7からは対応しています(名称はApple pay)。

さらに便利なオートチャージ機能

クレジットカードとのリンクは手持ちの任意のカードでもできるのですが、ビューカードという専用のクレジットカードとリンクするとオートチャージ機能が使えます。

オートチャージ機能というのは、チャージ残額が設定した金額を下回ると、自動的にチャージしてくれる機能です

アプリ上で手動でチャージする必要すらなくなるわけですね。

これがあればチャージ残額を気に掛ける必要が一切なくなります(^ω^)

ちなみにモバイルSuicaを自分の手持ちのクレジットカードとリンクさせて使用する場合は年会費1030円(税込)が発生します。

一方、ビューカードをリンクさせる場合は、この年会費が無料になりますが、ビューカード自体の年会費が発生します。

ですが、一番シンプルなカードだと500円(税込)なので、少しだけ金銭的にもお得です。

早速登録してみます

私はオートチャージ機能が使いたかったので、ビューカードを申し込みました。

この手の手続きって、カード作るところが一番面倒ですね。

口座振替の書類記入したり、身分証明書のコピー送ったり。

カードはセキュリティーパッケージっていうので送られてきます。

ポストや宅配BOXには入れてくれないので、これは一人暮らしにとっては優しくないです(;^ω^)

カードは至って普通のクレジットカード。

モバイルSuicaとのリンクしてしまえば使うことないですけど(笑)

アプリをインストールして

名前とかの基本情報と、届いたカードの情報を入れれば完了

もちろん最初はチャージ金額0円ですが、「チャージする」をタップして

チャージしたい金額を入力します。

簡単なボタン操作だけで、面倒なパスワード入力とかもないです。

できました!超簡単!

自前のクレジットカードとリンクさせる場合はこの操作が必要になりますが、ビューカードとリンクさせてオートチャージ機能を使えばこの手間すら必要ありません。

まとめ

ということで、超便利なモバイルSuica。

これでチャージ金額不足で改札口で止められることもなくなります!

が、ここまで書いてふと恐ろしいことに気づいてしまった。

ICカードのレスポンスが悪いというのもモバイルSuicaに移行した理由の1つでしたが、レスポンスが悪いのってICカードが原因ではなくて、スマホケースが原因なのでは?と。

となると、同じケースに入ったスマホをタッチしてもダメじゃね?

ちーん

↓ランキング参加しています↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへにほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

良かったらぽちっと押してください♪励みになります(*´ω`*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク