新築マンションが高すぎる

スポンサーリンク

こんばんわ。bellrinです。

昨日、今日と本社からVIPが来ていて、接待云々でなんだか疲れました(;´Д`)

偉い人との飲み会は正直苦手です・・・。

—-

新築マンションに入居してもうすぐ2年。

当時、マンションの購入を色々と検討しているうちに、新築物件の情報を見るのが半ば趣味のようになってしまい、それは今現在も変わりありません(笑)

私がマンションを契約をしたのは2015年でした。

当時、2012年を底にしてすでに価格がかなり上昇しておりましたので、その時点でピークアウトだという意見もありましたが、ご存知の通り、その後も価格は上昇し続けております。

独身でマンションを購入したことが良かったどうかは置いておくとして、価格という観点では、結果として、あのタイミングで購入して正解だったかなと思っています。

東京オリンピックが終わるまで待つという選択肢は私の中ではなかったです。

年をとってから購入しようとすると、ローン返済期間を短くしなければなりません。

そうすると、頭金をたくさん入れる必要が出てきますが、賃貸の家賃を払いながら貯金をするのはなかなか大変ですし、非効率だと感じたからです。

スポンサーリンク

現在の首都圏の新築マンションの価格は異常

先日、SUUMOジャーナルに2017年の新築・中古マンションの市況についての記事が掲載されていました。

新築マンションの価格ですが、

出典:不動産経済研究所

御覧の通り、2013年以降は大きく上がり続けています。

東京23区はなんと7089万円!神奈川県でも5524万円です。

ローンを借りられるのが年収の7倍程度までと言われていますので、

頭金がそれなりに準備できたとしても、それ相応の年収がないと購入できません。

国税庁の調査によると、日本人男性の平均年収が531万円。

東京都の男性でも612.8万円だそうです。

つまり、平均的な年収では東京23区はもちろん、神奈川の新築マンションであっても手が届かない価格になってきていると言えます。

ましてや一戸建てなんて・・・

そうすると新築のマイホームというのは諦めざるを得ず、中古という選択肢になりますが、築20年のマンションであっても23区では4000万円オーバーというのが現実。

生きづらい世の中になってしまいましたねぇ。

一方の地方では家余りが深刻と聞きます。

でも、地方でのんびり暮らしたい派の人、実際は多いと思います。

しかし多くの人はそれができない。問題は仕事・・・。

難しい政治のことは私はわかりませんが、お国さんには都市部への一極集中、

これをなんとかしてほしい。

そう切に思います。

↓ランキング参加しています↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへにほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

良かったらぽちっと押してください♪励みになります(*´ω`*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. おがに より:

    初めまして。
    あまりの価格差に驚いて初コメです。
    都会は土地のお値段も段違いなのでしょうがないのかもしれませんが…
    こちらはド田舎のマンションなので一番広い一番上の階でも3000万でした。
    私の購入した部屋が2500万の部屋なので三軒分買えてしまいますね!笑

    • bellrin より:

      おがにさん

      はじめまして。コメントありがとうございます。

      そうですね。この値段だと、建物よりも土地代の方が圧倒的に高いでしょうね。都会おそるべし・・・。
      私の地元も北海道の片田舎なので、一戸建てで土地500万円建物2000万円とか、それくらいが相場のようです(;^ω^)
      なんだかちょっとだけうらやましいです(笑)